Loading...

MALL DESIGN

バナー画像

申し込みフォーム
Application form

下記MD Library会員規約を
一読の上、
入力フォームを
ご記入ください。

MD Library会員基本規約

➀対象施設について

A.MD Library(以下「MDL」という。)とは、「まちのえき」をコンセプトとするMALL DESIGN(以下「MD」という。)の活動拠点です。松原通り商店会に位置する元洋品店「三越屋」の建物を再生・活用し、図書室機能を中心に、スモールオフィスや自習室、教室、セミナー、イベント、展示などのさまざまな用途を想定しています。子供から中高生、子育て世代、シニア世代までと幅広い層に利用される間口の広い運営を目指しています。所蔵されている本や使われている家具類はそれぞれに背景や物語をもち、建物自身の経歴やそこを利用する人々とともに様々なストーリーが交錯する場です。

B.所在地は埼玉県羽生市中央2-5-26です。

②MDL会員の基本姿勢

  • A.会員はMDLの発展に寄与するために入会していただきます。
  • B.MDLのコンセプトを理解し、他の利用者を尊重し、協力し合う関係性で利用をお願いします。
  • C.商業的会員向けサービスを提供する施設ではありません。他の会員と共に施設を共有しながら利用してください。
  • D.施設利用ルールを守り、他の会員との交流を大切にしてください。
  • E.新規ゲストへの記帳の義務の案内や施設利用ルールの伝達などのご協力をお願いします。
  • F.他の会員が気持ちよくご利用いただけるように、施設内の美化にご協力をお願いします。

③入会資格

A.MDLに来訪またはMDホームページより、本規約を読み、会員登録様式に必要事項を入力(署名)してください。入力(署名)をもって、規約に同意とさせていただきます。登録完了のお知らせをもって入会とさせていただきます。

B.18歳未満の方は保護者の同意が必要となります。

④入会方法

A.MDLに来訪またはMDホームページより、本規約を読み、会員登録様式に必要事項を入力(署名)してください。入力(署名)をもって、規約に同意とさせていただきます。登録完了のお知らせをもって入会とさせていただきます。

B.MDL会員がMD実行委員会会員になるには、別途「MD実行委員会規約」を理解したうえで、「MD実行委員会サポーター参加申込書」を提出し、所定の手続きにより入会していただきます。なお、MD実行委員会会員は、自動的にMDL会員となります。

⑤会員期間

A.会員はMDLが本規約施行時の体制と事業で運営される限り会員とします。ただし、MDLの運営体制や事業内容の全面的変更、施設の閉鎖・廃止の際には自動的に資格を失うものとします。

⑥会員利用料

A.会員は各自の利用目的・頻度等に応じて別途会費や実費等を払うものとします。なお本規約のみへの同意と入会までは無料とします。

⑦施設利用者

A.MDLの会員

B.MD関係者(全体会・MD実行委員会他)
※上記以外の未就学児の利用については、保護者の同伴が必要です。

⑧退会

A.所定の申請を経て退会できます。

B.⑩各項に違反した場合は退会いただくことがあります。

⑨施設利用にあたって

  • A.利用可能日はMDがホームページ等により公表するカレンダーをご確認ください。
  • B.会員の受付は施設利用時間中MDLスタッフが行います。
  • C.本の閲覧は、施設内のみとなります。施設外への持ち出しは禁止です。
  • D.施設は、本の閲覧などに利用可能です。ただし、イベント等の開催の際には、ご利用いただけない場合があります。
  • E.本の閲覧後は、受付へお戻しください。感染症対策のため3日間保管したのち配架します。
  • F.利用可能範囲は別紙「利用可能範囲」をご参照ください。
  • G.飲食の持ち込みは原則可能ですが、ごみはお持ち帰りください。
  • H.施設内及び建物周辺の敷地内は、禁煙です。
  • I.本や家具を含む備品をなくしたり、汚したり、ほかの方が利用することができなくなった場合は、代替資料の寄付をお願いすることがあります。
  • J.MDLの趣旨に沿わない活動での占有は、ご遠慮願います。(場合によっては退室いただく場合があります)

⑩特に禁止する事項

  • A.政治活動、宗教活動、投資、マルチ商法等の勧誘行為、その他、MDの活動の妨げになる行為
  • B.MD責任者に許可なく会員に営利行為をすること
  • C.MD以外の団体や活動への勧誘すること。
  • D.会員資格を他人に譲渡し、又は転貸すること。
  • E.著しく他の会員等に対する迷惑行為を行うこと。
  • F.公序良俗に反する行為を行うこと。
  • G.暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員であることその他暴力団員と関係を有すること。

⑪個人情報

  • A.MDLでは、「羽生市個人情報保護条例」(平成13年条例第3号)に基づき、会員の個人情報について適正に取り扱います。
  • B.個人情報の収集:個人情報の収集は、MDL事業に必要な範囲内で行います。
  • C.個人情報の利用:提供された個人情報は、次に掲げる利用目的の範囲内で利用します。
    • ・会員サービスを提供するために必要な利用者情報の登録及び会員証明書の作成
    • ・利用状況の確認等、施設の運営を適正に行うために必要な事務手続き
    • ・イベント情報の発信等業務上必要な事務連絡
    • ・施設の利用、イベント、MD等の参加及び拾得物にかかる事務連絡
  • D.提供等の制限:本人の同意があるとき、法令等に定めがあるとき及び個人の生命、身体又は財産の保護のため緊急かつやむを得ないと認められるときを除き、取得した個人情報を第三者に開示または提供することはありません。
  • E.個人情報の管理:個人情報への不正アクセス、盗難、漏えい、改ざん、滅失を防ぐため、適切な情報セキュリティ対策を実施します。
  • F.管理システムに登録・保存された個人情報は、他の情報システムから参照することはできません。
  • G.利用する必要がなくなった個人情報は、速やかに確実かつ安全に廃棄します。

⑫その他

A.本規約は、MDLの都合により、改正又は廃止する場合があります。改正前に入会された方についても改正後の規約を同意したものとみなします。

B.本規約に定めのない事項については、MDLを運営するMD実行委員会で協議することとします。

附則
2021年3月27日 施行








Translate »